About asbestosは、アスベストに関する情報サイトです

About asbestos

最終更新日:2014/9/18

アスベストを除去するための測定方法

アスベストを除去するためにあたって、自治体などによっては測定のタイミングと方法、またいくつの地点で行う必要があるかといったことがある程度定められています。
基本的なアスベストの測定方法としては位相差顕微鏡法によって計測した後に生物顕微鏡法でクリソタイルを除いた繊維数を計測してその差をもとめることによってアスベスト数を計測するという方法です。
ただしこれはクリソタイルを主成分としたときの測定方法であるため、そうでないアスベストの場合には分散染色法であったり、また分析透過電子顕微鏡法とよばれる手法でもって測定してきました。
いずれにしても除去前、除去作業中、除去作業後などの数値を測定して記録する必要があります。
また周囲への影響も考えると敷地境界線における数値も測定する必要があるといえるでしょう。
また環境によっても数値がことなってくるために、それぞれの除去環境を鑑みて方法や機具を選択することがポイントとなってきます。

アスベストの歴史と危険性と現在

国内では石綿とも呼ばれ、古くはエジプトのミイラを包む布に使用されたり、ランプの芯などに古代より盛んに使用されていた記録が残っています。
アスベストは、絶縁性や耐熱性に優れ奇跡の鉱物ともてはやされ、日本では、北海道の富良野市や熊本県など各地で産出され、その他に1000万t以上が輸入され、多くが建築資材として使用されています。
石綿の繊維は、髪の5000分の1の太さで非常に細く肉眼で確認する事は出来ず、更に浮遊しやすい性質の為に体内に侵入してしまいます。
侵入したうち半分程度は痰などの働きにより、体外に排出されますが、石綿の繊維は丈夫で耐性が高く、肺に進入し長期間残留し悪性中皮腫や肺がんを引き起こす原因になっています。
石綿の繊維をどれだけの期間、どれだけの量吸い込めば、発病するのかは証明されていませんが、相関関係は認められています。
更に、喫煙者は非喫煙者で石綿の吸引者に比べ50倍の肺ガンリスクがあると報告されています。
アスベストを使用した建築物の解体も繊維の飛散が心配され、近隣住民の理解が得られず難航する事も多々あるのが現実です。
現在、問題視されているのは、1970年代にはアスベストの危険性をWHOより指摘され、日本政府関係者が知っていた事です。
直ちに、注意喚起や輸入制限を行っていれば、多くの人々が助かったのでは無いかと言われています。
実際に日本各地で訴訟が行われており、政府側の責任を問う判決が出されています。

check

パロディ iphoneケース
http://www.rakuten.co.jp/ecase/
誕生日ケーキ 通販
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tart/
ブーツの通販専門店
http://www.guitar-sheep.com/
ノロウイルス 消毒液
http://optimallife.jp/?pid=66089301
名入れのオリジナルノベルティ
http://www.hansoku-station.jp/

最終更新日:2014/12/15