About asbestosは、アスベストに関する情報サイトです

About asbestos

アスベストを除去するための測定方法

アスベストを除去するためにあたって、自治体などによっては測定のタイミングと方法、またいくつの地点で行う必要があるかといったことがある程度定められています。
基本的なアスベストの測定方法としては位相差顕微鏡法によって計測した後に生物顕微鏡法でクリソタイルを除いた繊維数を計測してその差をもとめることによってアスベスト数を計測するという方法です。
ただしこれはクリソタイルを主成分としたときの測定方法であるため、そうでないアスベストの場合には分散染色法であったり、また分析透過電子顕微鏡法とよばれる手法でもって測定してきました。
いずれにしても除去前、除去作業中、除去作業後などの数値を測定して記録する必要があります。
また周囲への影響も考えると敷地境界線における数値も測定する必要があるといえるでしょう。
また環境によっても数値がことなってくるために、それぞれの除去環境を鑑みて方法や機具を選択することがポイントとなってきます。